" /> ブログ詳細|新築一戸建て注文住宅なら建築工房櫓

BLOG

ブログ

家の中と外をつなぐ ウッドデッキ&中庭の魅力とは?

2021年10月5日

こんにちは。建築工房 櫓の広報 藤田です。

 

過ごしやすくなってきて、読書の秋や食欲の秋など、それぞれの「〇〇の秋」を満喫されている方が多いのではないでしょうか。

さわやかな秋風に吹かれながらウッドデッキや中庭で大好きな本を読んだり、豆からこだわったコーヒーを味わったり。月を見上げながら夫婦で乾杯……なんていうのもいいですね。

ちなみに日本の建築用語では、家の外に設けるウッドデッキなどのことを「月見台」と呼んだりします。昔の人もウッドデッキで月見をしていたんですね。

暑さ寒さを気にせずお庭での時間を満喫できるのは、秋ならではの楽しみです。

 

櫓では家本体だけでなく、お庭も含めた“家全体”をご提案させていただきます。

例えば、駐車スペースを確保するとお庭をつくるための十分な広さがない…という場合は、お庭のように使える2階バルコニーをご提案

また、細長い土地の場合には、間取りの真ん中に中庭をつくることをおすすめしています。日中は陽の光が、夜は月の光が入り、家全体の雰囲気がぐっとよくなるんですよ。

外から見えないので、人目を気にせず外活動が楽しめるのもいいところです。

 

最近は屋外用ソファやチェア、屋外用収納棚など、外で使える家具もたくさんありますので、ウッドデッキや中庭をこれまで以上に有効活用することができます。

中のような、外のような、お部屋のような、お庭のような。室内と屋外をつなぐ、いい意味での「空間の曖昧さ」が魅力です。

 

私たちのモデルハウスにも、家をコの字型に配置してできた中庭的空間にウッドデッキを置いています。中庭のある家がどんな雰囲気になるのか、ぜひ1度足をお運びいただければと思います。

 

モデルハウスの詳細はこちらをご覧ください。事前予約制でご見学いただけます。

https://kenchiku-yagura.com/event/3931/

 

とてもすてきなモデルハウスですので、ぜひ実際にご覧くださいね。

皆さまのご来場、お待ちしております。

 

1-1

TOPへ戻る