建築工房櫓

景色と暮らす家
この家は「景色と暮らす」をコンセプトとし、近隣公園の広がりと木々の借景を前提とした豊かな住まい空間の提案を目指したものです。
LDKいっぱいの間口と天井高さいっぱいに配置した窓の向こうは、ウッドデッキを介してそのまま近隣公園の風景に繋がっていきます。

2階はシンプルに3ベッドルームとし、どの部屋からも近隣公園の風景を眺めることが出来る設えとしております。
バルコニーは全ての部屋に隣接し、個室と近隣公園との親和性を高めています。

建物外観は、住宅街でありながら豊かな自然と隣接している立地を考慮し、現代的なホワイトサイディングとセメント無垢素材、アクセントとして南洋材のウリン材をバルコニー壁に採用し環境と馴染ませるように意図しました。
内装においても、壁紙の色味への配慮、キッチンカウンター腰壁の温かな木パネリングの採用などにより、周囲の環境との親和性のある趣き深い住まいを形成しています。
Tags
#借景#土間玄関#アイランドキッチン#大開口リビング#ウッドデッキ
  • Point.01
    大開口LDKと繋がるウッドデッキ
    間口いっぱいに繋がるウッドデッキはこの風景の中で様々な行為を誘発する装置です。例えば、テーブルと椅子を出してきて昼間はカフェを楽しんだり、陽が落ちれば良く冷えた白ワインで乾杯なんていうのもリラックスするとともに気持ちも華やいで素敵ですね。もちろん子供の水遊びや昼寝などにも活躍しそうです。
  • Point.02
    借景が美しい「景色と暮らす家」
    近隣公園の広がりと木々の借景を前提とした豊かな住まい空間。LDKいっぱいの間口と天井高さいっぱいに配置した窓の向こうは、ウッドデッキを介してそのまま近隣公園の風景に繋がっていきます。
  • Point.03
    回遊がスムーズなアイランドキッチン
    回遊がスムーズなだけでなく、キッチンに立つ人を孤立させない空間づくり。温かな日差しが全てに降り注ぐ愛情設計です。