建築工房櫓

ピットリビングの家
「住む」=楽しむ をテーマに家に居ても楽しいと思える空間の提案です。
東南に開けた土地を素直に生かし最も光の入るスペースにリビング・テラスを設けています。
時間毎に必要な光が入るよう、あえて凹凸のある間取とし、ホール・食卓・ワークスペース・キッチン・リビングなどどこに居ても視線が外へ抜ける窓も居心地の良さの一つです。
テラスでは、休日にBBQやお子様とプール、天体観測や広いリビングでプロジェクターによる映画鑑賞など家に居ることがワクワクに繋がるような計画です。
Tags
#借景#造作家具#ワークスペース#スキップフロア#スタディコーナー#横並びダイニング#タイルテラス
  • Point.01
    ピットリビングは家族のコミニケションスペース
    リビングスペースはダイニングよりも下がったピットリビングとして設けることで、空間に高さの緩急をつけています。
    自然と家族が凹んだリビングに吸い寄せられるように集まり、セミクローズのテラスと緩やかに繋がりながら、中でも外でも家族のコミュニティの場となるように計画されました。
  • Point.02
    「ボーホースタイル」ボヘミアン要素とモダンを合わせ持つスタイル
    インテリアはボーホースタイルと呼ばれるボヘミアン要素とモダンを合わせ持つスタイルです。
    建物のコンセプトとリンクするように民族的な自然感(休日感)と都会的なモダン要素(ワーク感)を組み合わせています。
  • Point.03
    空を仰ぐワークスペース
    借景の緑が目に優しいワークスペース。スタディコーナーとしても使える共有スペースです。