PHOTO GALLERY

施工実績

   
 

Vol.

38

キッチンを囲む家

玄関の大きな窓は、東側に設け、朝日が沢山入るようにすることで、気持ちの良い一日の始まりを演出します。ホールを抜けると天井までの大きなリビングドアに出迎えられます。LDKはキッチンをセンターにすることでダイニング、スタディースペース、リビングなど、家族がどこに居ても会話が弾む空間になりました。3面採光のダイニングは朝から夕方まで様々な陽が入り楽しい食事の時間にしてくれます。冷蔵庫などの大きな生活家電は見えない位置へレイアウトすることで、スッキリかつ都会的な印象となります。洋室、洗面所、お風呂場などのプライバシ…

 

Vol.

37

ロフトとセカンドリビングがつながる住まい

東には幹線道路、西側には高速道路。その間に挟まれた細長い敷地。高速道路の手前には遊歩道があり幹線道路奥は高台になっていて両側に緑地がある立地です。2世帯住宅の1階は親世帯の寝室とメインのLDK2階には子世帯の寝室と子供室とセカンドリビングがあります。1階のLDKには一部吹抜けがあり遊歩道からの陽が入り、緑も眺められます。2階のセカンドリビングは勾配天井になっていて天井が高く広く感じられます。そのリビングから固定階段で上れるロフト。手前はお子さんのスタディスペースとして奥は収納として利用します。スタディスペー…

 

Vol.

36

南房総の家

海の近くの敷地を購入したお客様の為に計画された住まい。外観は当初からイメージされていた黒で統一しました。外壁を平屋部分と2階建て部分で横貼りと縦貼りを切り替え、奥まった部分の素材感を変える事で、黒単色でありながらファサードに表情を出しています。平屋部分となるリビングダイニングは3mの天井高さを確保し、庭とつながる大きな窓を用意しました。居室や水廻りは2階建てで、LDKを取り囲むように計画されています。壁と屋根を張り出して作られた南と西の2階バルコニーは、外観の特徴となると共に、部屋に周囲の自然をゆるやかに取…

 

Vol.

35

やさしい色でまとまる3階建て

ファブリックのような質感と色彩豊かな外壁で彩る3階建て。南側・西側に2階の壁面を持ち出すデザインが外観のアクセント。ガレージ付で、アプローチもシンプルに使いやすい配置。一転内装は、明るい床を中心にシンプルな仕上がり。LDKは、凹凸加工で天然木の素材感を感じられるデザインの壁材と、大判のシャープで洗練された印象を感じるホワイトのタイルが部屋のポイント。各部屋・個室はそれぞれ主張しすぎない空間。住む家族の色に合わせたインテリアが可能な空間になっています。

 

Vol.

34

白×グレーの家

都内の3階建てで、外装·内装ともに白×グレーをテーマに計画された住まいです。外装は白い箱をベースに、張り出した小さなバルコニーをグレーにする事で、モノトーンのリズムがある外観をデザインしました。内装は白の壁紙ベースに、各フロアにグレーのアクセントクロスを使用する事で、外観とリンクするモノトーンのリズムを作っています。玄関とLDKに採用した白やグレーの壁タイルで空間に質感をプラスし、床の挽き板フローリングでナチュラルな雰囲気にまとめました。

 

Vol.

33

陽だまりの家

緑に溢れ区画の整った住宅地に立地する、3方を隣地に囲まれた敷地。室内に光を取り込む吹抜けと、そこに伸びる階段レッドシダーの無垢板で仕上げたキッチン経年変化も楽しめる外壁とレッドシダーの塀LDKと和のスペースがゆるやかにつながる、明るく開放的な家が出来ました。

 

Vol.

32

ビルトインガレージがある家

ビルトインガレージがあるこの家はガレージを広く計画し、ちょっとした作業や、水作業、電気自動車の充電などをできるようにし、裏には大容量の収納を設け、ガレージ内からも部屋の中にアクセスできるよう勝手口を設けました。また、ガレージ部分に特殊な耐力壁を数ヶ所設置することにより、スパンを飛ばしても耐震等級3を取得する事が出来ました。2階LDKは、1階と3階の天井高さを下げることにより、天井高さを2m60㎝まで高くし、造作の木の格子や、リビング、ダイニング、キッチンの各空間で天井高さや、仕上げに変化をつけて、空間を分け…

 

Vol.

31

木の箱と白い箱

カーポート横のエントランス空間は板張りの「木の箱」、奥の居室空間を白いサイディングの「白い箱」、2つの箱が対比するような外観をデザインしました。前面に設置したシルバーのアルミルーバーとカーポートがアクセントになっています。西側となるファサードにはあまり大きな窓は設けず、南側に設けた吹抜けからLDKに光を取り込む計画です。吹抜けの下に作られた間接照明パネルと造作TVボード、キッチン腰壁をそれぞれ木製の仕上げとすることで、外観と同じく「木」を感じるインテリアとなりました。

 
TOPへ戻る