建築工房櫓

オフィシャルブログ

OFFICIAL BLOG
2022.04.26

~河川敷の家~ 施工事例:市川市・3LDK

櫓
櫓アイコン
施工事例紹介

こんにちは。建築工房 櫓の広報 藤田です。今日は、私たちの施工事例をご紹介いたします。

河川敷緑地に面した敷地の開かれた環境に建つ「河川敷の家」。お施主様のこだわりは「周囲の景観を取り込みながら周りと調和し、シンプルでありながら表情のある外観」です。

フラットな屋根やスクエアな形状で全体をシンプルにデザインし、ドライテラスの腰壁や奥行の違うバルコニーを配置してリズムよく仕上げました。

外壁もシンプルな白のフラットウォールをベースにしながら奥まった壁をグレーにすることで、奥行を強調させて表情のある外観となっています。

エントランス横の腰壁で囲まれた外部空間であるドライテラス。居室の目隠しや屋外の遊び場として機能しながら、布団などを干す場としても活躍します。

また、景色を最大限楽しめるようLDKを2階に計画し、大きな窓を設けました。勾配天井が高さを強調し、明るく開放的な空間です。

内装はお施主様のご要望通りシンプルを基本に、自然な素材を使って優しい雰囲気で家全体を統一。真っ白い空間ではなく、色を使った奥行きを感じる内装デザインです。本棚やテレビ台などは空間に合わせて造りつけで設置しました。

2階LDKと1階の居室は階段の吹き抜けを介して家族の声がつながり、いつでも家族の気配を感じることできる家となっています。

床材のオークをベースにしながら、壁や天井の凹凸に合せて3色のグレーのアクセントクロスを使って空間をコーディネート。LDKは白のペニンシュラキッチンとその上に浮かぶように作った板張りの下がり天井が空間のポイントです。

各居室や水廻りにもアクセントクロスを採用し、収納以外は真っ白の空間がない家となりました。

ホールの洗面や寝室の本棚、カウンターにテレビ台など、各所に用意した集成材の造作が家全体に暖かみを与えてくれています。

空間のポイントであるキッチン下がり天井の板張りは、あえて床材のオーク材とは違う木を選定しました。

ランダムピッチのスプルース材を使用することで、下がり天井が空間全体と調和しながらも存在感が浮かび上がるようにしています。

河川敷緑地に面した大きな窓とLDKの天井高さのバランスがちょうどよく、気持ちのいい空間となりました。日中の明るさはもちろんのこと、「太陽が沈んでいくキレイな景色を大きな窓から眺めることができるのが楽しい」と、お施主様からもご満足の声をいただいています。

また生活動線では、テレビ裏に設けた洗面前の収納が大活躍しているとのことです。

敷地の特徴を最大限に活かした、心地よく自然と調和する家ができあがりました。

施工事例ページはこちら
https://kenchiku-yagura.com/works/post-1373/

その他の施工事例はこちらからご覧ください
https://kenchiku-yagura.com/gallery_kodate/