建築工房櫓

オフィシャルブログ

OFFICIAL BLOG
2022.08.20

設計士のイチオシ!設計ポイント vol.4 ~壁の高さで部屋を広く見せるくふう~

櫓
櫓アイコン
櫓の人

こんにちは。建築工房 櫓の広報 藤田です。

櫓には、経験豊富ですてきなアイデアをもっている設計士が多く在籍しています。「心からくふう」で、たくさんのお客様のご要望を叶えてきたセンスあるプロフェッショナルばかり。

そんな当社自慢の設計士に、これまで設計した、お気に入りの設計ポイントを教えてもらいました!

今回答えてくれたのは、設計士の小田桐 有希です。

小田桐のスタッフ紹介はこちらhttps://kenchiku-yagura.com/staff/post-266/

■これまでに設計した、便利な/面白い/楽しい 設計を教えてください

階段の袖壁やウォークインクローゼットの袖壁など、通常は床から天井までつける壁にするところを、天井までの壁にはせずにスリットを造ってあげます。

すると空間が繋がるので、部屋が広く見えたり、明るくなったりします。

■個人的に好きな素材や建材はありますか?

カウンター、笠木などによく使用するタモ集成材加工しやすく、塗装もできて木の風合いを楽しめる万能材だと思います。

また、外装・内装どちらでも使用できる「SOLIDO」は無機質な感じがかっこよく、柄や色のバリエーションも豊富なのでアクセント箇所で使用するのにはもってこいの素材です。

———ありがとうございました!

小田桐おすすめの「SOLIDO」は「グレー×木の家https://kenchiku-yagura.com/works/post-2037/)」でも使われています。

他にもすてきな事例がたくさん!ぜひ櫓の施工事例もご覧くださいね。

https://kenchiku-yagura.com/works/

次回の「設計士のイチオシ!設計ポイント」もお楽しみに!